サイトマップとリンク集        トップページへ戻る
 
高野山真言宗 大悲山 観音寺 佛海 即身仏 新潟 村上 湯殿山 ミイラ
 

即身仏 佛海上人

救世即身仏 佛海上人 佛海上人の時代 即身成仏とは 即身仏とは 高野山佛海上人墓所


 佛海上人は、俗名を近藤庄次郎といい、文政11年(1828)村上市安良町に生まれました。弘化元年(1844)16歳の時、湯殿山注連寺に入門。2年後には本明寺に弟子入りし、元治元年(1864)までの15年間を同寺に居住されました。

 文久2年(1862)より木食行に入られ、元治元年(1864)から慶應元年(1865)までの3年間、湯殿山の仙人沢に山籠され、水行、滝壺のなど厳寒、酷暑、昼夜の別なく生涯最大の荒行を行われました。

 下山の後、村上の観音寺住職や湯殿山の注連寺住職となり、村上・庄内地方の布教に専念されました。その間、加持祈祷はいうまでもなく、信徒から供えられる祈祷料や布施などで、十輪寺・観音寺・本明寺・注連寺などの多くの神社仏閣の再興に努められ、更には、貧民救済のために多くの金銭や食料を寄付されました。これらの功績をたたえ、新潟県知事から七回もの表彰を享けられました。

 76歳となられた明治36年(1903)3月20日、3年後の展墓を遺言され入定されました。しかし、明治初年に発布された墳墓発掘禁止令のため、展墓は叶いませんでした。

 昭和36年(1961)7月に新潟県村上市教育委員会と日本ミイラ研究グループの手によってはじめて入定墓の発掘調査が行われました。

 そして、佛海上人は日本最後の即身仏として、再び世にお姿を現わされました。






救世即身仏と称される佛海上人

 佛海上人を発掘された日本ミイラ研究グループの松本昭先生は、『日本・中国ミイラ信仰の研究』平凡社刊(1993)に、次のように記されています。

 「佛海上人の生涯は、何よりも即身仏になるのが目的であったから、欲がない。人々から浄財が集まると、それで注連寺を復興したり、貧民救済に使う。特に徒弟教育に尽力し、八十余名の弟子を立派に育成した。また、明治二十七、八年の日清戦争の時には、日赤へ四千円寄付したという。即身仏志願→無欲→浄財→社会福祉事業という繰り返しのなかに生涯を終ったといってよかろう。したがって人々の信仰は絶大で、八十二歳(昭和三十六年当時)の齋藤チヨさんの話では、“上人の遺体を湯灌した水を皆で飲んだ”という。まさに、生きボトケである。 ・・・
 昭和三十六年、上人は再び世に出て、観音寺において庶民救済に力を尽くしているというわけである。
 これが本当の救世即身仏であろう。」



拡大


ページトップへ


佛海上人の時代

 佛海上人は、19世紀末から20世紀初頭にかけた「近代日本形成の激動の時代」を生き抜かれました。その歴史背景を重ね合せて、ご拝観下さい。

 1828 佛海上人 ご生誕
 1833 天保の大飢饉(-1839年)
 1853 黒船来航
 1855 安政江戸地震
 1858 安政の大獄(-1859年)
 1867 大政奉還
 1868 戊辰戦争(-1869年)
 1871 廃藩置県
 1873 佛海上人 観音寺住職に赴任
 1877 西南戦争
 1885 内閣制度発足
 1888 佛海上人 注連寺を再興
 1894 日清戦争
 1896 第一回オリンピック
 1902 日英同盟
 1903 佛海上人 ご入定
 1904 日露戦争(-1905年)

 詳しくは、右の「詳細年表」及び「村上の歴史」をご覧下さい。



詳細年表
拡大




村上の歴史
拡大


ページトップへ


即身成仏とは

 宗祖弘法大師空海は『即身成仏義』という論述書を撰述され、真言密教の中心教理の一つである 「即身成仏」の思想を説かれました。

 その中で、

   「頌に曰く、

      六大 (ろくだい) 無礙 (むげ) にして常 (つね) に瑜伽 (ゆが) なり。
      四種曼荼 (ししゅまんだ) (おのおの) (はな) れず。
      三密 (さんみつ) 加持 (かじ) して速疾 (そくしつ) に顯 (あら) わる。
      重重帝網 (じゅうじゅうたいもう) なるを即身 (そくしん) と名 (な) づく。   ※以上の四句は、「即身」を顕(あらわ)す。

      法然 (ほうねん) に薩般若 (さはんにゃ) を具足 (ぐそく) して、
      心數 (しんじゅ) 心王 (しんのう) 刹塵 (せつじん) に過 (す) ぎたり。
      各 (おのおの) 五智 (ごち) 無際智 (むさいち) を具 (ぐ) す。
      圓鏡力 (えんきょうりき) の故 (ゆえ) に實覺智 (じつかくち) なり。      ※以上の四句は、「成仏」を顕(あらわ)す。

    釋して曰く、此の二頌八句を以て即身成佛の四字を歎ず。
    即ち、是の四字に無邊の義を含ぜり。 一切の佛法は此の一句を出でず。
    故に、略して兩頌を樹(た)てて無邊の徳を顯わす。」

という即身成仏の二頌八句を樹(た)てられました。

 そして、即身成仏とは、

   「自身のいのちを十分に生かし、生きているうちに、
    この宇宙の真理を覚(さと)ることが、即身成仏である。
    そして、即身成仏こそが、一切の仏法、すなわち、仏教の究極の目標である。」

と説かれました。

 従って、弘法大師が説かれた「即身成仏」とは、
   「この身このままで仏になる。」
などというような浅略な意味ではありません。

ページトップへ


即身仏とは

 即身仏とは、どのような仏様なのでしょうか。

 弘法大師は、承和2年(835)3月21日に、釈尊入滅後56億7000万年後に下生される弥勒菩薩とともに衆生救済されるために高野山奥之院においてご入定されました。

 そして、弥勒菩薩と弘法大師の衆生救済のお手伝いをすることを願ってご入定された修行僧が即身仏なのです。

 即身仏とは、私たちと同じ人であられた時に即身成仏され、つまり、十分にいのちを生かされて 真理を覚られ、「仏様としてのいのち」を弥勒菩薩と弘法大師に託された仏様なのです。

 弘法大師は、ご入定の三年前に、次の願文を残されています。
  「虚空尽き、衆生尽き、涅槃尽きなば、我が願いも尽きむ」

 「生きとし生けるものがさとりを開くまで、私は衆生救済を続けよう。」という大誓願を立てられてご入定された弘法大師から、幾多の即身仏を介して佛海上人へと繋がれた「千年の絆」。

 現在、わが国日本には、十七体の即身仏が祀られています。



拡大


ページトップへ


佛海上人の家系図

 準備中






ページトップへ


高野山奥之院参道に佇む 佛海上人墓所


拡大





高野山奥之院 佛海上人 墓所

菩提寺:高野山 準別格本山 無量光院 様
−上杉謙信公が修行されたお寺−
ページトップへ


©Copyright 大悲山観音寺, All Rights Reserved